スズメバチ駆除で住宅の安全性を守る〜快適な日常生活を楽しもう〜

住宅で蜂の巣を見かけた場合はスズメバチ駆除を依頼しましょう

スズメバチ駆除を始める前に蜂の習性を確認しよう

スズメバチの習性について知る

スズメバチ駆除を実施する際は蜂から攻撃を受けないよう、蜂の習性を把握しておく必要があります。蜂の習性をよく理解しておけばさまざまな安全策を実行し、スズメバチに刺される可能性を下げることが可能です。

攻撃してくる対象

蜂は主に黒や赤といった濃い色の物に攻撃を仕掛ける性質があり、山の中などの場所で色の濃い服を着ているとスズメバチから攻撃を受けてしまう可能性が高くなります。またオオスズメバチは地中に巣を作ることが多いため、本人が気づかない内に巣へと近づいて攻撃を受けることが多いです。自然の多い場所に行く際は色の薄い服を着用し、不用意にいろいろな場所へ近づかないようにしましょう。蜂に出会った場合は、すぐにその場を離れるのがベストです。

子供と公園に行ったとき、スズメバチに襲われそうになりました (20代/女性)

公園で子供と遊んでいると、突然どこからともなくスズメバチがやってきました。すぐに公園を離れたため、蜂に刺されることはありませんでした。

秋のシーズンはもっとも危険

ハチの巣

秋は虫の数が全体的に少なくなってしまうため、スズメバチは餌を集めるためにいろいろな場所を飛び回ります。また新しい女王蜂を育成するための期間でもあるため、スズメバチはより攻撃的になります。そのため秋のシーズンはなるべく山や雑木林などに近づかないようにし、蜂から攻撃を受ける可能性を下げていきましょう。

スズメバチの巣を見つけた時の対処

不用意に近づかない

スズメバチなどの攻撃性が高い蜂も、こちらから手を出さなければ攻撃を仕掛けてくることはありません。しかし蜂の巣には多数の幼虫や女王蜂が存在するため、場合によっては巣へと近づくだけで攻撃を受けてしまうことがあります。そのため蜂に襲われないようにするためには、不用意に蜂の巣へと近づかないように注意しなければなりません。蜂が自分の周りを飛び回ったり、カチカチと顎を打ち鳴らしている場合は蜂が警告を発しているサインです。警告行動を行なっている蜂に出会ってしまった場合はすぐにその場を離れ、警戒範囲の外へと移動しましょう。

TOPボタン